ライブビュー機能を使って思ったこと(その2)

e0041948_9282286.jpg【もうすぐ発売!】
[隔月刊]風景写真2009年7-8月号

2009年6月20日(土)発売
定価:1,980円(税込)
雑誌コード:07893-07


[特集1]米 美知子+EOS 5D MarkII
     「光と水が織りなす情景」
[特集2]やっぱりペンタックス645/67でないとだめなんだ!
     作品と証言で解く名機の理由
     丹地敏明/辰野 清/今森光彦/野呂希一
     竹内敏信/鈴木一雄

[技法特集]風景写真のキレと奥行き感を極める!
[新連載]傑作風景の撮影地・詳細マップ付ガイド

[特別付録]米 美知子オリジナルプリント

【ご注文・お問い合わせ】
(株)風景写真出版
TEL 03-3815-3605
FAX 03-5689-8187
dokusha@fukei-shashin.co.jp
www.fukei-shashin.co.jp

*******************************************************************
前回、ライブビューを使用して撮影した体験について書きましたが、ちょっと補足を。

ライブビューは確かに優れた機能ですが、それがあることによって、ライブビューなしのデジタル一眼レフやフィルムカメラより精度の高い写真を撮れるかというと、決してそんなことはありません。
例えば、最高にピントが来ている状態を100とすれば、それが120になるということではないのです。
では何が違うのかと言うと、100の状態まで持っていくのに必要なスキルのハードルがぐんと低くなったということ。
例えば、風景写真を始めたばかりの初心者でも、ライブビューの操作を理解し、三脚の選択と使い方さえ誤らなければ、上級者並みにキリッとピントが合った写真を容易く撮ることができてしまうのです。

e0041948_18201377.jpge0041948_18202949.jpgライブビューにより、微妙な風による葉の動きもモニター上で確認しながらシャッターが切れます。




これってすごいことだと思いませんか。
露出だって、RAWで撮ることでリバーサルほどシビアな問題ではなくなり、ピントもクリアできるとなると、技術的な面での写真のハードルはかなり低くなると思います。
それによって、メカ音痴でもセンスのいい人ならあっという間に伸びてくるということが起こりやすくなるかもしれません。
どちらかと言えば男性に比べてメカが苦手な女性から有望な作家が多く登場してくることも考えられます。若い写真家の躍進も期待できそうです。
ちょっと話が大きくなりましたが、私はライブビューという機能には、それくらいのインパクトを感じたのです。

反面、こういう時代の変化に対応できる風景写真の指導者がどれくらいいるのか、ということも少々不安です。
以前にピントと露出のことしか言わない写真教室を見たことがあるのですが、そういう指導は多分これからニーズが減っていくのではないでしょうか。
そうなると、フレーミング、表現ということについて、型にはめずにきちんと教えられる人が求められることになると思うのですが、はたしてそんな人がどれくらいいるものか……。

それはともかく、ライブビューを使ってみて感じたことがもう一つ。
それは、これだけシビアにピントを合わせられるとなると、レンズの能力、個性も問われるのではないか、ということ。
もしかすると、ここぞという場面のために、キレにいい単焦点レンズを持ちたいという人が増えるかも、と予想しているのですが、さて、どうなることでしょう。
[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-24 18:31 | 風景写真

ライブビュー機能を使って思ったこと(ちょこっと修正)

e0041948_9282286.jpg【好評発売中!】
[隔月刊]風景写真2009年7-8月号

2009年6月20日(土)発売
定価:1,980円(税込)
雑誌コード:07893-07


[特集1]米 美知子+EOS 5D MarkII
     「光と水が織りなす情景」
[特集2]やっぱりペンタックス645/67でないとだめなんだ!
     作品と証言で解く名機の理由
     丹地敏明/辰野 清/今森光彦/野呂希一
     竹内敏信/鈴木一雄

[技法特集]風景写真のキレと奥行き感を極める!
[新連載]傑作風景の撮影地・詳細マップ付ガイド

[特別付録]米 美知子オリジナルプリント

【ご注文・お問い合わせ】
(株)風景写真出版
TEL 03-3815-3605
FAX 03-5689-8187
dokusha@fukei-shashin.co.jp
www.fukei-shashin.co.jp

*******************************************************************
前回のShiro's Boot Campには、実は個人的にある“ミッション”を持って参加していました。
それというのは、最新のライブビュー機能を体験すること。
デジタル一眼レフカメラはよく使っているのですが、実は本格的にライブビュー機能を使って撮ったことがなかったのです。
そこで、Canon EOS 5D MarkⅡを用意し、ライブビュー依存度が高いという萩原史郎隊長のキャンプに志願したというわけです。

e0041948_1740665.jpg








史郎隊長撮影による“ブートキャンプ”中のひとコマ。
上から目線でビシバシしごかれている雰囲気が伝わってきませんか?



実際にライブビューを使ってみた印象は、思っていた以上に「簡単」で「便利」でした。
しかし、ただの快適装備ではありません。
クルマに例えると、よく回るエンジンを積み、足回りを固めたスポーツカーが、ドライバーをその気にさせるように、ライブビューという機能も良い意味で撮影者を煽ってくるのです。

この感覚は、特に風景撮影の場合に顕著かもしれません。
例えば、見えの良い視野率100パーセントの液晶モニターに映し出される風景を見たら、いやが上にも「もっとフレーミングを追い込みたい」という意識が盛り上がってきます。
しかも、リアルタイムで表示されていますから、光や風に対する意識も強まります。
さらに、画面を拡大して見ると、「自分のこれまでのピント合わせは正しかったのか?」とさえ思うほど、精密にピントを合わせることができます。
つまり、シャッターを切るまでに、目視で追い込める画(え)のレベルがハンパなく高いから「できることはやっておこう」という気にさせられるのです。
もともと“撮影時に画像を確認できる”ことはデジタルカメラの大きなメリットでしたが、それがシャッターを切る前と後とでは大違い。
ライブビューを使って撮ると、一枚の画を追い込んでレリーズするまでの気合いの乗り方がすごく良いのです。

大きな画面を見ながらフレーミングを決め、任意のポイントを拡大してピントをしっかりチェックしながら撮る……その一連の動作と心構えは、風景写真の原点とも言える大判カメラの作法にも似ています。
風景を撮る人ならおそらくわかっていただけると思うのですが、風景を前にして、画作りを追い込んでいくときの集中した感じは、決して悪い気分ではなく、むしろ、風景写真を撮る快感と言えるでしょう。
ライブビューの助けによって、あっという間に高度な集中モードに入れるのは、予想していなかった面白さでした。

ライブビューを使っていて、不満ではないのですが、ひとつ頻繁に思ったことがあります。
それは、カメラの操作を部分的にタッチパネル液晶に集約させたら、どんなに楽だろうということ。
指で画面を触れるだけでピント位置を決めたり、被写界深度が設定できるとか、iPod touchみたいに指先で任意の場所を拡大できたら便利だろうなぁ。その分、ボタン類を減らせれば、液晶モニターのサイズもさらに大きくできるかもしれないし。
コンパクトカメラでは、タッチパネル液晶を搭載した機種も出始めているので、一眼レフに搭載される日も近いかもしれませんね。
[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-22 17:58 | 風景写真

Shiro's Boot Camp

e0041948_9282286.jpg【もうすぐ発売!】
[隔月刊]風景写真2009年7-8月号

2009年6月20日(土)発売
定価:1,980円(税込)
雑誌コード:07893-07


[特集1]米 美知子+EOS 5D MarkII
     「光と水が織りなす情景」
[特集2]やっぱりペンタックス645/67でないとだめなんだ!
     作品と証言で解く名機の理由
     丹地敏明/辰野 清/今森光彦/野呂希一
     竹内敏信/鈴木一雄

[技法特集]風景写真のキレと奥行き感を極める!
[新連載]傑作風景の撮影地・詳細マップ付ガイド

[特別付録]米 美知子オリジナルプリント

【ご注文・お問い合わせ】
(株)風景写真出版
TEL 03-3815-3605
FAX 03-5689-8187
dokusha@fukei-shashin.co.jp
www.fukei-shashin.co.jp

*******************************************************************
e0041948_17563431.jpg

昨日は、ある企画の下調べのために、写真家の萩原史郎さんに同行していただいて奥多摩の某所に出かけていました。
途中で車がパンクするというハプニングはありましたが、どうにか辿り着いたそこは、ほとんど訪れる人もいない山奥の渓流です。
私も10数年前に一度来たことがあるのですが、その時の記憶ではそれほど歩きがきつかったという印象はなく、そこを選んだ萩原さんの提案に軽くオッケーしてしまったのです。
それが、編集長などと呼ばれて、心身ともに弛みきった私を鍛え直すために萩原さんが仕組んだ罠だとは思いもせずに……。

そのことに気が付くのには、スタートして10分もかかりませんでした。
10数年の時の経過により、衰えた体力と、増加した体重。
すぐに息は上がり、足が重くなります。
余裕綽々で先行する萩原さんとの距離は離れるばかり。
早くも汗だくでズタボロになっている私に、萩原さんの声が響きました。
「シローズ・ブート・キャンプへようこそ! 楽しんでるかい?」(*幻聴です)

細く、傾斜のきつい渓沿いの山道は、朝方まで降っていた雨によって滑りやすくなっています。
渓の深さは、うっかり足を滑らせたら、しゃれにならない高さです。
しかも、新調した長靴が足に馴染まず、足元の不安による緊張感が余計に体力を削り取っていきます。
そんな私に萩原さんは容赦なく、言葉の鞭を浴びせ続けるのです。
「ヘイ!お遊びのつもりなのか?」(*これも幻聴です)
「力を出し切れ! お前の100%はそんなものか?」(*以下、同じ)
「あきらめるな!限界なんて言葉はない!」

どうにか目的の滝(写真)に辿り着いたときには、膝は笑い、息は絶え絶え。
三脚を立てるのも億劫なほど疲労困憊していました。
しかし、今回は私も撮影する必要があり、休んでいる暇なんてありません。
呼吸を整えつつ1時間も撮影したでしょうか。
ふと気が付くと、すでにザックを背負った萩原さんが、滝側の山道から私を見下ろしています。
そして一言。
「ワンモアッ!」(*これは、確かに聞こえた気がする)

そこから、さらに険しく長い山道を這いずるように進み、最深部の素晴らしい滝の撮影を終えて、アプローチポイントに帰ってきたときには、スタートしてから約8時間が経過していました。
その過酷な行程により、私の足はむくみ上がり、スタート時には「ちょっと大きいか」と思っていた長靴が、萩原さんに力一杯引っぱってもらわないと脱げなかったほどです。
裸足でへたり込む私の耳に、史郎隊長の「ビクトリ〜〜〜ッ!」という雄叫びが確かに聞こえたような気がしたのですが、あれも幻聴だったのか……。

というわけで、今日は身体中の筋肉が悲鳴を上げております。
イタタタタ……。
[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-19 18:04 | 風景写真

美しさの正体

e0041948_9282286.jpg【もうすぐ発売!】
[隔月刊]風景写真2009年7-8月号

2009年6月20日(土)発売
定価:1,980円(税込)
雑誌コード:07893-07


[特集1]米 美知子+EOS 5D MarkII
     「光と水が織りなす情景」
[特集2]やっぱりペンタックス645/67でないとだめなんだ!
     作品と証言で解く名機の理由
     丹地敏明/辰野 清/今森光彦/野呂希一
     竹内敏信/鈴木一雄

[技法特集]風景写真のキレと奥行き感を極める!
[新連載]傑作風景の撮影地・詳細マップ付ガイド

[特別付録]米 美知子オリジナルプリント

【ご注文・お問い合わせ】
(株)風景写真出版
TEL 03-3815-3605
FAX 03-5689-8187
dokusha@fukei-shashin.co.jp
www.fukei-shashin.co.jp

*******************************************************************

e0041948_1422299.jpg


6月20日(土)発売の『風景写真』7-8号『風景写真』7-8号の表紙を飾る野呂希一さんの作品です。
淡く、深い緑色の階調が水彩画のようなタッチで表現され、吸い込まれそうな色合いを湛えています。
その画面を真一文字に横切る光の帯。よく見ると細かい粒子がキラキラと輝いています。
この光の帯の正体は何だと思いますか。

A.湖面を吹き渡る風が起こしたさざ波。
B.おびただしい数の羽虫の抜け殻。
C.巨大なUMA(未確認生物)が浮上し、再び潜水したときに発生した泡。

答えは『風景写真』7-8月号の誌面でご確認ください。
ヒントは、この作品のタイトルは「夢の続き・・・・・・もぬけの殻」と言います。

【撮影地】北海道足寄町オンネトー湖(07年7月25日撮影)


[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-17 14:25 | ギャラリー

前田真三賞の条件

e0041948_9282286.jpg【もうすぐ発売!】
[隔月刊]風景写真2009年7-8月号

2009年6月20日(土)発売
定価:1,980円(税込)
雑誌コード:07893-07


[特集1]米 美知子+EOS 5D MarkII
     「光と水が織りなす情景」
[特集2]やっぱりペンタックス645/67でないとだめなんだ!
     作品と証言で解く名機の理由
     丹地敏明/辰野 清/今森光彦/野呂希一
     竹内敏信/鈴木一雄

[技法特集]風景写真のキレと奥行き感を極める!
[新連載]傑作風景の撮影地・詳細マップ付ガイド

[特別付録]米 美知子オリジナルプリント

【ご注文・お問い合わせ】
(株)風景写真出版
TEL 03-3815-3605
FAX 03-5689-8187
dokusha@fukei-shashin.co.jp
www.fukei-shashin.co.jp

*******************************************************************

第16回 前田真三賞(2009〜2010シーズン)のエントリーが間もなく6月末で締め切られます。
前田真三賞は、主催者側の私が言うのも手前味噌になりますが、風景写真の世界では最も権威ある賞と言われているものです。
実際に、第1回の受賞者の上杉満生さん(現日本風景写真協会会長)や第2回の川隅 功さんを初めとして、最近では辰野 清さんや米 美知子さんなど、多くの有能な人材を写真界に送り込んできました。
今ではこの賞が、写真界に新しい風景写真の才能を供給する機能を担っていると自負しています。

では、前田真三賞の何をして権威が高いと目されているのかと言うと、それはなんと言っても、30枚一組の“組写真”(クオリファイは10枚一組)という条件の厳しさによるところが大きいと言えるでしょう。
風景写真でいう組写真は、ドキュメンタリーなどのそれとは少し意味が異なるかもしれませんが、要するに一つのテーマに貫かれた30枚一組の写真という意味です。
この30枚というハードルは、おそらく皆さんが考えている以上に高い。
「何百枚もストックがあるから30枚ならなんとかなりそう」なんてあまく考えていたら大間違いです。
問題は、“一つのテーマに貫かれた”というところであり、さらに、その30枚に重複がなく、豊かさとバラエティーを持ちながらハーモニーを奏でている、という一見矛盾する条件を満たしていなくてはなりません。

このように言うと、「じゃあ、どうやって組んだらいいの?」という話になりがちなのですが、“組み方”の方法論から考えるのは誤りです。
大事なのは「あなたは写真で何を伝えたいのか?」ということであって、それによって組み方は変わりますし、逆に言えば、伝えたいことが見えていれば、自ずと組み方も(撮り方も)決まってくるはずなのです。

当たり前のことを言っていると思われるかもしれませんが、アマチュア風景写真家(*)の皆さんの中には、ひたすら「上手い写真」を追求していて、「何を伝える」というところが、曖昧だったり、置き去りにしたままの人が少なくないように思います。
もちろん、趣味として、楽しみのために風景写真を撮っているのなら、それでもまったく問題はないのですが、前田真三賞ではまさにそこが問われます。それはもう、えぐられるように問われるのです。

ちょっと乱暴な言い方になりますが、「上手い写真」の撮り方は人から教わったり、本を読んで知識を吸収することもできます。しかし、「何を伝えるのか」ということは、誰からも教わることはできません。
見る人に何かが伝わる写真を「優れた写真」とするなら、それを撮るには、ある程度「写真が上手い」ことが求められます。
しかし、「上手い写真」の延長線上に「優れた写真」があるかと言えば、必ずしもそういうわけではない。
“一つのテーマに貫かれた30枚一組”という課題は、写真作家の根本とも言える部分をあからさまにするものなのです。

*前田真三賞はプロ写真家もご応募いただけます。
[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-16 11:46 | 風景写真

ニワトリが先? 卵が先?

実は数日前、訳あって約1日半の間、『風景写真』編集部のネット回線が不通になるという状態に陥りました。
現代はなんと言ってもネット社会。編集部もその例外ではなく、ネットにつなげないと業務に大きな支障を来す・・・・・・って言うか、もう、全然仕事になりません。
こういう事態になって、あらためてネットって、会社業務にとっては大事なライフラインの一つなんだなぁ、と実感した次第です。

で、ネットにつなげなくなった事情というのはこういうことです。
編集部には、これまで2系統のネット回線があったのですが、うち1系統が必要がなくなったので解約することにしました。
ところが、そこでプロバイダの解約手続きにちょっとした間違いがあり、両方とも断線するハメになってしまったというわけ。
何のことはない、私のミスですね。アッハッハ!
(笑い事じゃねぇよ!:byスタッフ一同)

急いで回線復旧の手続きを行ったのですが、開通には急いでも1日かかると言われ、仕方なく翌日まで待つことに。
ところが、翌日、朝には入ることになっていた開通の連絡が、待てど暮らせどありません。
そうしている間にも、ネットへの接続が必要な仕事がどんどんたまっていきます。
しびれを切らせてお昼前にこちらからプロバイダに確認の電話を入れると・・・・・・

プロバイダの窓口の人:「お調べしたところ、もうつながっているようですね」
私:「えっ、そうなんですか? つながったら、そちらから連絡をいただけると聞いていたのですが・・・・・・」
窓口の人:「今朝、こちらからメールをお送りしているはずなんですけど、届いてませんか?」
私 (-_-メ):・・・・・・。(ネットがつながらん言うてるモンに、メールで連絡してどないすんねん! このド◎△っが!)

正直、最後のセリフは本当に言ってしまいそうになりましたよ。
ネットって確かに便利ですけど、その便利さにどっぷりつかっている人って、時々無神経なことってあるような気がしません?
ことによっては、メールじゃだめな連絡もあるってこと、自分も気を付けたいと思います。

*******************************************************************
e0041948_9282286.jpg【もうすぐ発売!】
[隔月刊]風景写真2009年7-8月号

2009年6月20日(土)発売
定価:1,980円(税込)
雑誌コード:07893-07


[特集1]米 美知子+EOS 5D MarkII
     「光と水が織りなす情景」
[特集2]やっぱりペンタックス645/67でないとだめなんだ!
     作品と証言で解く名機の理由
     丹地敏明/辰野 清/今森光彦/野呂希一
     竹内敏信/鈴木一雄

[技法特集]風景写真のキレと奥行き感を極める!
[新連載]傑作風景の撮影地・詳細マップ付ガイド

[特別付録]米 美知子オリジナルプリント

【ご注文・お問い合わせ】
(株)風景写真出版
TEL 03-3815-3605
FAX 03-5689-8187
dokusha@fukei-shashin.co.jp
www.fukei-shashin.co.jp
[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-12 16:40 | 仕事

7-8月号は、な、なんと「付録」つき!

『風景写真』7-8月号の入稿が無事に終わり、本日は印刷の立ち会いに出かけてきます。

7-8月号の巻頭を飾るのは米 美知子さんですが、この号には特別付録として、な、なんと米さんのオリジナルアートプリントがついています!
口絵の作品をキヤノン・インクジェットプリンターでプリントしたものですが、「たかがインクジェットプリンターのプリントでしょ?」などと言うなかれ!
プリンターは、キヤノンの最新フラッグシップモデルである「PIXUS 9000Pro MarkII」。
用紙は「光沢 プロ[プラチナグレード]」を使用。これは、米さんも愛用しているというプロ、ハイアマチュア向けの最高級写真用紙です。
そして、撮影したカメラはもちろん「EOS 5D MarkII」で、最新のカメラと最高峰のプリンター、そして最高級プリント用紙が揃い踏みしたハイグレードなプリントなのです。
絵柄は全部で三種類のうち、どれか1枚が入っています。
どれが入っているかは開けてみてのお楽しみということで。
[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-09 09:51 | 仕事

ボン・ジョヴィ!!!!!

7-8月号の編集作業もいよいよこの週末が最終盤。
うちの優秀なスタッフたちは、みんな自分の仕事にめどをつけているので、今日は私一人が編集部に出ています。

休みの日に一人のときには、音楽をかけながら仕事をすることがあるのですが、今日、家から持ってきたBGMは、ちょっと懐かしいボン・ジョヴィ♪
適度にハードでベタなロックが、締切前のアドレナリンが沸いた気分にビンビンきます。
一人なので、遠慮なくガンガン鳴らして、時々“雰囲気英語”でサビをがなりながら仕事してます。

♪ユア・ラヴ~ィズ・ライ・バ~ッ・メディスン~
バッ・メディスンズ・ワッリューニーッ!ウォウォウォ~!
(Bad Medicine →本物を聞きたい人はコチラへ)

えっ?「『風景写真』だからクラシックでもかけながら仕事をしているかと思った」ですって?
そんなお上品じゃ、締切に間に合わねぇぜベイビィ!
(↑すいませんねぇオジサンなのでダサくって)
[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-06 21:40 | 仕事

ペンタックス645誕生秘話

e0041948_11185512.jpg

次号(7-8月号用)の企画のため、ペンタックス645の開発者である庄野鉄司さんと、ペンタックスの宣伝部に在籍し、現在は鉄道写真家として活躍されている佐々木直樹さんに対談していただきました。

庄野さんは、自らペンタックス645の企画を立て、開発を牽引した、まさに“産みの親”。
庄野さん自身、ある分野では有名な写真家で、ペンタックス645を企画したのも、自分が欲しいと思うカメラを作りたかったから、というのが理由でした。
開発は苦労の連続で、実に7年の歳月を要したと言います。
その苦労は、カメラの“形”を決めるところから、すでに始まっていました。
当たり前のように見ている前後に長いペンタックス645独特の形状さえ、悩んで悩んで悩み抜いた末に、ようやく生み出された、独創性の固まりなのです。

お話を聞いて、ペンタックス645というカメラが世に出たこと自体、奇跡であり、風景を撮る人に撮って幸運であったとしみじみ思いました。
そして、不満と言われていた部分も含めて、このカメラがとても愛おしくなりました。
ペンタックス645を使っている人も、使っていない人も、ぜひ読んでいただきたいページです。
[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-03 11:19 | 仕事

名無しでは動けませんよ!

今日、差出人の名前が書かれていない一通の手紙が編集部に届きました。
ある人物を名指しして、撮影マナーのひどさ、モラルの欠如を訴えるもので、このブログの前回の記事にも少し関連した内容なので、もしかしたら、このブログを読んでいる人かもしれません。
書かれている行為は、事実だとしたら許し難いものです。
ただし、事実だとしたら、です。
別に手紙の内容を疑っているわけではありません。
それ以前に、名無しの手紙では何も確認することができないのです。
名乗らない人物から、他者を名指しで批判する手紙が来たからと言って、私たちに何ができるでしょうか。

信念があって他者を批判するのなら、自分も名前を明かすべきだと思います。
私たちは、批判の主の不利になるようなことはしません。
しかし、それ以前に、批判の相手が自分の周辺にいる人なら、まずは自分たちで、そのような行いを改めるように、説得すべきではないでしょうか。
その人の行いは「みんな知っている」そうですが、その「みんな」は、ひどい行いを黙認しているのでしょうか?
仮にそうなら、それってどうなんでしょう?
少なくとも周辺の心ある人たちが、具体的な行動を起こし、ちゃんと声を出している兆候もないのに、確認が取れない情報で私たちが個人を責めるようなことはできません。

ただ、私も悩ましく、悔しいのは、マナーやモラルに反する行いは写真には写らないということです。
邪魔だと思う木を伐る。自分が撮った後、人が撮れないように被写体を壊す。足を踏み入れてはいけない場所を踏み荒らす……。
それらはすべてフレーム外の出来事です。
どうすれば、そのようなさもしい行いが止むのか、みんなで考えなければならない問題であるとは思います。
[PR]
# by fukei-kaoru | 2009-06-01 22:20 | 風景写真


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧