<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2008・100人展ファイナル まもなく開催!

2008 美しい風景写真100人展のラストを飾る《福岡展》が、5月8日(金)より富士フイルムフォトサロン福岡で開催されます。
私も初日8日は会場に居ります。
2008・100人展の展示はこれが最後。ぜひ、会場で作品の魅力を堪能してください!

*******************************************************************

2008 美しい風景写真100人展《福岡展》
【会期】
5月8日(金)〜5月21日(木)
9:00~17:30(土曜日15:00、最終日は14:00まで)

【会場】
富士フイルムフォトサロン福岡
TEL 092-510-4803
アクセス:
福岡市博多区住吉3-1-1 富士フイルムビル1F
JR「博多駅」より歩約


[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-30 14:02 | 風景写真

ETC割引制度を利用してみた

この土日を利用して、日光、那須方面に家族旅行に行ってきました。
休日のETC割引を利用しての初めての遠出。
「やった〜!高速料金は往復たったの2,000円だぁ〜」と喜んでいたのですが、実際にはそうではありませんでした。
この割引制度は仕組みが非常に複雑で、同じ区間を走っても、ルートや時間帯によって料金が異なっているのです。
今回は、東京外環自動車道〜東北自動車道〜宇都宮、帰りは那須から同じ道を引き返したのですが、高速料金は行き、帰りとも2,050円かかりました。
これは、今回のETC割引制度では、大都市近郊に異なる割引体系が設定されているためです。
つまり、外環道は通常500円のところ、3割引で350円になり、東北道は浦和本線から加須(かぞ)ICまでが700円(多分……)、そこから先は、いくら乗っても1,000円ということのようなのです。
ただ、いくら調べても、どうして3割引で700円という料金が出てくるのかわからず、私の理解の仕方が間違っているのかもしれません。

でも、通常料金なら、行き3,450円、帰り4,400円で、計7,850円かかるところが、往復4,100円ですみ、3,750円安く上がりました。
仮に、仙台まで行っても、秋田、青森まで行っても、片道2,050円は変わらないはずですから、遠出をする人ほど恩恵が大きいと言えそうです。

ただ、景気対策のためとは言え、この制度がETC利用に限った割引であることについては、少なからず疑問を感じています。
鉄道を利用する人にも、同様の割引制度がなければ、不公平ですし、環境保護の流れにも逆行しているからです。
実は私は最近、長距離は車よりも電車で移動する方が好きになってきているので、「新幹線・どこまで乗っても一家族3,000円」なんて方がずっと嬉しい。
それならば、東京から、実家のある大阪にも、わりと頻繁に出かけるようになると思いますし、家族で東北や九州に行く計画も立てやすくなります。
さすがに東京から大阪まで車を走らせるのは一日仕事で、気軽に、という感じにはなりません。

とは言え、機材が多く、車で寝泊まりすることも多い風景写真家にとっては、非常にありがたい政策であることは間違いありませんね。
[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-27 16:43 | プライベート

カメラのナニワ・心斎橋本店

先週、仙台に行った後、実は東京をスルーして京都、大阪と回ってきました。
一応、お仕事で行ったのですが、半分プライベートのようなものです。(*関西出身なのもので)
仙台〜京都は乗り継ぎも含めると5時間近い道のり。
退屈なので、旅の友に仙台で一冊本を買って新幹線に乗り込みました。
買ったのは、前から読んでみたいと思っていた湊かなえさんの小説「告白」です。
この一冊で数日もたせようと思っていたのですが、あまりに面白くて、京都に着く前に読み切ってしまいました。

物語は、終業式をむかえた中学校の、ありふれた光景から始まります。
女性教師が教室で生徒に話をしているという、本当にありふれた場面で、内容も学校行事に関するもの。
あまりにもありふれていて、最初の2ページくらいはちょっと退屈な感じがしたくらいです。

ところが、女性教師が教職を辞めることを「告白」したところから、少しずつ教室の雰囲気が変色していきます。

なぜ、自分は教師を辞めることにしたのか。
なぜ、自分はシングルマザーなのか。
なぜ、自分の最愛の一人娘が学校で事故死することになったのか。
そしてなぜ、自分は、娘の死が事故ではなく、教室の中にいる生徒の誰かに殺されたことを知ったのか。
この女性教師の告白から始まり、各章ごとに別の人物の視点で同じ事件が語られ、その全容が浮かび上がっていきます。
そして、最後には……。

「衝撃のクライマックス」と謳っている小説や映画って、たいして衝撃的でもなかったりすることが多いのですが、この小説は結構ガツンときました。
しかも、その衝撃が二回あるのです。
面白かったです。

本と言えば、出張中に遊びにいった「カメラのナニワ・心斎橋本店」の書籍コーナーの充実ぶりはなかなかのものでした。
写真集はもちろん、ハウツーやガイド、フォトエッセイなど、幅広い写真関連書籍を扱っています。
『風景写真』や風景写真BOOKSも扱っていただいており、誌上では「完売御礼」となっている、林幸恵さんの「夢色の世界」も、私がお邪魔したときには若干の在庫がありました。

e0041948_15564547.jpg


写真は「カメラのナニワ・心斎橋本店」の米谷昌浩さん。
大台ヶ原を愛し、写真集も出している風景写真家で、プロ風景写真家の信頼も厚い、心斎橋本店の名物店員さんです。
風景写真のことなら、カメラ、アクセサリー選びから、テクニックや撮影地のことなども相談にのってくださるので、訪ねてみてください。


[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-22 15:59 | プライベート

ファイナルアンサー?

急にぽっかり時間ができたため、久しぶりに映画を観に行くことにしました。
観たのは『スラムドッグ$ミリオネア』という作品。
今年の米アカデミー賞で8部門ものタイトルを獲得しているので、名前くらいは聞いたことがあるという人も多いかもしれません。
かく言う私も、「アカデミー賞とった作品でしょ?」くらいしか予備知識がなかったのですが、これがもう、面白いのなんのって!
ガツンとやられましたよ。

物語の舞台はインド。スラム出身の少年ジャマールが、警察で厳しい取り調べを受けているところから始まります。
彼は無学であるにもかかわらず、国民的クイズ番組「クイズ$ミリオネア」で、残り一問まで正解を続け、多額の賞金を獲得する権利を得ました。
ところが、その生い立ち故に不正を疑われ、警察に逮捕されてしまったのです。
厳しい取り調べの中から、やがて浮かび上がるジャマールの壮絶な過去と、クイズの答えを“知っていた理由”。
そして、彼は最後の一問に答えるために、再び、番組に出演するのですが……。

スリル、サスペンス、アクション、笑い、家族愛、そしてラブストーリーと、ドラマの面白い要素がすべて高い次元で含まれていて、もう、ハラハラするわ、ドキドキするわ、笑えるわ、泣けるわ!
最初から最後まで目を離すことができません。

劇中の番組、「クイズ$ミリオネア」は、みのもんたさんの司会でおなじみのあの番組そのもの。
番組のセットも、効果音も、「ファイナルアンサー?」という台詞までみんな同じで、おまけに司会者役まで“みのっぽい”感じなのは笑えました。

私がこの10年に観た映画の中では、文句なく一番面白かったです。

*******************************************************************

2008 美しい風景写真100人展《仙台展》
【会期】
4月16日(木)~21日(火)
10:00~17:30

【会場】
富士フイルムフォトサロン仙台
TEL 022-265-5330
アクセス:
JR「仙台駅」下車徒歩約15分
地下鉄南北線「勾当台公園駅」下車、南3番出口より徒歩1分


[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-20 10:44 | プライベート

100人展・仙台:川隅 功さん来場

e0041948_128750.jpg

今日は「美しい風景写真100人展・仙台展」の初日で、会場に来ています。
今日は会場に川隅 功さんが来ています。
川隅さんは、今朝4時起きで撮影をすませ、10時の開場前に駆け付けてくださいました。
[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-16 12:08 | 仕事

仙台に行ってきます!

16日から、2009 美しい風景写真100人展が始まるので、その準備のため、明日から仙台に出張です。
お近くの方は、是非、見に来てください!

*******************************************************************

2008 美しい風景写真100人展《仙台展》
【会期】
4月16日(木)〜21日(火)
10:00〜17:30

【会場】
富士フイルムフォトサロン仙台
TEL 022-265-5330
アクセス:
JR「仙台駅」下車徒歩約15分
地下鉄南北線「勾当台公園駅」下車、南3番出口より徒歩1分


[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-14 18:46 | 仕事

松本に行ってきます

今日は長野県松本市に出張です。
写真家の辰野清さんが主宰する写真教室「自然奏フォト」の写真展を見に行きます。
楽しみです!

*******************************************************************

2008 美しい風景写真100人展《仙台展》
【会期】
4月16日(木)〜21日(火)
10:00〜17:30

【会場】
富士フイルムフォトサロン仙台
TEL 022-265-5330
アクセス:
JR「仙台駅」下車徒歩約15分
地下鉄南北線「勾当台公園駅」下車、南3番出口より徒歩1分


[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-11 10:37 | 仕事

『風景写真』5-6月号、「100人展・仙台」情報

昨日、『風景写真』5-6月号が無事に校了しました。
これで後は印刷、製本を待つだけという状況になりました。

5-6月号では「花の景」テーマに大特集を組んでいます。
5人の作家による巻頭ギャラリーを皮切りに、ギャラリー掲載作品撮影の状況、背景を作者自身が語る「創作の舞台裏」、斎藤友覧さん、鈴木一雄さん、辰野清さん、萩原史郎さんの4人が、それぞれ[自分流]の花風景撮影法を詳細に解説した「花風景・撮影レシピ」、そして、フォトコンテスト入賞作品から50ヶ所の花風景ポイントをセレクトして紹介した「読者と編集部が選んだ・花の撮影地50」と、まさに花風景のツボを押さえた特集となっています。

大事なお知らせとしては、「2009 美しい風景写真100人展」の応募要項が5-6月号に掲載されています。ペンタックス645N IIと67N IIの生産終了が終了するという、フィルムファンには非常に残念なニュースがあったばかりですが、こんな時だからこそ、フィルム、銀塩プリントによる風景写真の他に代え難い素晴らしさを伝える作品をお寄せください。

なお、来週4月16日(木)〜21日(金)に、富士フイルムフォトサロン仙台において、「2008 美しい風景写真100人展」が開催されます。
東京展で展示された100点をすべて展示。オープニングの16日には、写真家の

川隅 功さんが来場!

されます。
(ついでに私も……)

2009 100人展の応募要項チラシもこの会場で初めて配布されますので、ぜひご来場ください。
待ってます!!!

【富士フイルムフォトサロン仙台】
TEL 022-265-5330
アクセス:
JR「仙台駅」下車徒歩約15分
地下鉄南北線「勾当台公園駅」下車、南3番出口より徒歩1分


[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-10 12:24 | 仕事

100人展・大阪に行ってきました!

今日から、「美しい風景写真100人展」の大阪展が、富士フイルムフォトサロン大阪で始まりました。
おそらく、西日本では100点すべてを一段掛けでゆったり見られるのは、大阪会場だけだと思います。
既にご覧になったという方も、ぜひ、もう一度、感動を味わっていただきたいと思います。
まだご覧になっていないという方は、この機会を絶対にお見逃しなく!

e0041948_18253750.jpg

e0041948_18254771.jpg
e0041948_18255012.jpg
e0041948_18255556.jpg
e0041948_18255862.jpg


【富士フイルムフォトサロン大阪】
TEL:06-6205-8000
アクセス:
地下鉄御堂筋線「本町」駅下車A階段(最も梅田寄り)1番出口から徒歩約2分
(御堂筋を車の進行方向と反対方向に向かって歩きます)


[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-03 18:28 | 仕事

美しい風景写真100人展・大阪

明日から、「美しい風景写真100人展」の大阪展が、富士フイルムフォトサロン大阪で始まります。
明日、初日の午前中は、私も会場にお邪魔する予定です。
ぜひ、皆様お越し下さい!

【富士フイルムフォトサロン大阪】
TEL:06-6205-8000
アクセス:
地下鉄御堂筋線「本町」駅下車A階段(最も梅田寄り)1番出口から徒歩約2分
(御堂筋を車の進行方向と反対方向に向かって歩きます)


[PR]
by fukei-kaoru | 2009-04-02 09:21 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧