<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

取材で福島に来ています(改訂版)

e0041948_18362265.jpg今日は1日写真家の鈴木一雄さんに同行取材です。
写真は福島県の仁田沼。カタクリ、ミズバショウが見頃で、天気もよく、とても爽やか。








仁田沼へは、駐車場からカタクリの咲く緩やかな登りを約30分ほど登って行きます。
美味しい空気を吸いながら、ゆっくりしたペースで歩いていくと、適度に脈拍が上がり、デスクワーク続きでよどんだ血中に新鮮な酸素が行き渡って行くようです。


e0041948_18363949.jpg今夜は裏磐梯に一泊。
福島県は地域によっては桜が見頃でしたが、裏磐梯はご覧のように、まだ冬の風情。
ところによっては、まだ1メートル以上の残雪があります。
この写真の風景だけを見ると、まだ真冬のようですね。
昨日から今日に掛けて、春と冬を行ったり来たりです。
長年、裏磐梯に通っている鈴木さんも、こんな時期までこれほど雪が残っているのを見るのは初めてだそうです。






e0041948_18365547.jpg裏磐梯の宿は鈴木一雄さんの定宿「サッチモ」さん。
写真は露天風呂からの眺め。
曽原湖に注ぐせせらぎ沿いにフキノトウやミズバショウが咲く風景を眺めながら入る風呂は最高です。
時間が許せば2時間でも3時間でも入っていたい気分でした。
あまりにも気持ちよかったので、生まれて初めて風呂で写真を撮りました。


念のため一言、言い添えておくと、いつも取材がこんなに楽しいわけではありません。
今回は特別です。
[PR]
by fukei-kaoru | 2006-04-29 19:03 | 人・写真家

会いたい?(明日は発売日)

先日まであたふたしていたかと思えば、
明日、4月20日(木)はもう『風景写真』5-6月号の発売日です。
なんど経験しても、発売前というのは緊張するものですが、
特に今回はいつもとは、またちょっと違う緊張感があります。
と言いますのも、今回の特集「写真力の磨き方」は、
今までにちょっとない切り口の特集に仕上がっている、
と自負しているからです。
タブーに触れる、と言ってはちょっと大げさかもしれませんが、
四人の写真家の皆さんの言葉を借りて、
かなり『風景写真』らしい主張を盛り込んでいます。
果たして、この特集を皆さんがどのように受け止めてくださるのか、
ドキドキものです。

前号でちらっとお知らせした、鈴木一雄さんの撮影会も
誌面で詳しく告知しています。
お申し込みは、発売日の明日(午前10時)からスタートです。
私も小国に同行して、鈴木さんと一緒にトークショーなどを
やらせていただくという企画もありますので、
私に会いたい!という人も是非参加してくださいね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
って、いったい何様のつもりなんでしょうね、この男は。
[PR]
by fukei-kaoru | 2006-04-19 23:08 | 仕事

お夜食

今日は徹夜と気持ちを決めたら、なんだかラーメンが食べたくなりました。

e0041948_23303331.jpg最近、本郷はちょっとしたラーメン激戦区。
テレビや雑誌で取り上げられるお店もあるのですが、日曜のこんな時間に空いているお店と言えば、そういうグルメ系でないことは明らか。
案の定、酔っぱらいが熱く語らっていて、ちょっとうるさかったです。
(写真に指が入ってしまいました。それでも写真雑誌の編集長?)

仕事でお付き合いのある方が、今日から何日か入院されるていて、
退院したら読んでもらうつもりでメールを送ったら、
すぐに電話が掛かってきました。
なんでも、病院をメール処理のために抜け出してきたとのこと・・・
って、オイオイ。
それにしても、その責任感というか、
バイタリティーには頭が下がります。

さて、今晩がホントにホントのラストスパート。
頑張ります。
[PR]
by fukei-kaoru | 2006-04-09 23:37 | グルメ

憧れのカンヅメ?

昨日も深夜業になり、急遽編集部の近くのいつものホテルに泊まりました。
最近ホテル住まいの話ばかりで申し訳ないのですが、
なんとなく嬉しくて・・・。
だって、ホテルにカンヅメ、なんて、ちょっとカッコイイでしょ?
現実は、かなり悲惨なものがありますけど・・・。

e0041948_94587.jpg昨日、深夜にチェックインしたら、
いつぞやに書いた広〜い部屋に入れてくれました。
もちろん、シングル料金ですよ。
これでも前回に書いた部屋よりは
かなり狭いのですが、
昔住んでいたワンルームマンションよりは、
遥かに広い。
快適でしたが、ちょこっと寝ただけで、
すぐに出勤です。

朝は眠い身体を起こすために、少し回り道をして東大の中を歩いて行きました。
先日、撮った桜はすっかり花を落としていましたが、
赤門のすぐ脇にある八重桜の見頃は、まだ少し先のようです。
この桜が見頃になる頃には、山場を超えているでしょうか。
[PR]
by fukei-kaoru | 2006-04-06 09:06 | 仕事

ハヤシライス

e0041948_1393535.jpg昨夜も編集部の近所に泊まりです。
早めの朝食を終えて、ホテルを出ると
今朝も良い天気。
朝の光が眩しくて、これから出勤だというのに
なんだか朝帰りの気分です。

この今にも崩れ落ちそうな(スイマセン・・・)看板は、ホテルからの通勤途中にある、本郷の名店「万定フルーツパーラー」。
かの菊川 怜も足繁く通ったという結構有名なお店です。
看板にはカレーライスと書かれていますが、
ハヤシライスも名物です。

私は何年か前に一度だけ入ったことがありますが、
看板の印象通り、懐かしい感じのする味でした。
[PR]
by fukei-kaoru | 2006-04-04 08:49 | グルメ

偏光晴れ

今朝の東京は風が強く、桜もおそらく今日で散ってしまうでしょう。
しかし、空には一点の雲もなく、
偏光フィルターを効かせたような青空が広がっています。

e0041948_8574184.jpg












通勤途中の民家のお庭にある立派なソメイヨシノをケータイで撮ってきました。
(昨日はうちに帰りました)
この木の下にはツバキが咲いていて、黒々とした幹と相まって、
渋い和の風情を感じます。

今日は、青空に舞い散る桜の花びらというモチーフを狙うには
絶好の日和になりそうです。
[PR]
by fukei-kaoru | 2006-04-03 09:01 | 仕事

お気に入りの時間

今は、『風景写真』5-6月号の編集が追い込みの時期。
この3日間、1-2月号以来、この時期の恒例になりつつある
ホテル住まいを続けています。
人間、一度身に付いた楽はやめられないものです。
そう、「泊まりなんて大変ですね」とよく言われるのですが、
会社の近くに泊まるのは、とっても楽なんです。
簡単に言えば、通勤しなくて良いわけですから。


e0041948_8453852.jpg







(ホテルの側にある古い民家です。本郷では、このような古い建物をよく目にします)


ただ、問題は朝食が美味しくてつい食べ過ぎてしまうことですね。
『風景写真』の編集部は、東大の真ん前にあって、泊まっているホテルも
東大のすぐ近くです。
多分、宿泊客にも東大の関係者が多いようで、朝食のレストランでは、
いかにもアカデミックな雰囲気の人の姿が目立ちます。
耳に入ってくる会話も、「パリにいたときは・・・」「ドイツの研究所の友達が・・・」
という感じで、聞き慣れない外国語で話しているのもよく見かけます。
いるだけで、なんだか自分まで賢くなったような・・・。
フツーのビジネスホテルなんですけど、レストランの雰囲気も落ち着いていて、
ここでの朝食の時間は、今、ちょっとお気に入りの時間かも知れません。
これで、忙しくなければねぇ〜。

e0041948_8461177.jpg





ちょっと食べすぎたので、少しだけ遠回りをして、東大の中の桜を見ていくことにしました。
昨日今日が見頃のピークのようですが、今朝は肌寒く、天気も下り坂のようです。
[PR]
by fukei-kaoru | 2006-04-02 09:03 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧