カテゴリ:仕事( 258 )

乗り遅れ

今日は100人展開催期間中、最後の休日。まだ、東京近郊在住の風景写真ファンの方で、まだご覧になっていないという方は、ぜひともご来場ください。

私は、今日、明日は出張で東京を離れています。
今頃は機上の人……、のはずだったのですが、なぜか羽田空港ターミナルでコーヒーをすすっています。
実は電車が止まり、飛行機に乗り遅れてしまったのです。
おかげで、これから2時間以上、空港で時間をつぶすことに。
あと5分、早く出れば間に合ったのに、と言ったところでどうにもなりません。
こんなときは、ボーッと企画でも考えながら過ごすことにしましょう。なにかいいプランが浮かんだら、この時間も意味があったというものです。
それにしても、なんだかコーヒーが苦いです。
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-12-23 09:25 | 仕事

100人展、盛況です!

今日も「100人展」会場の富士フイルムフォトサロン東京に詰めています。
今日は土曜日とあって、会場は多くのお客様で賑わっています。
若いお客様も多く、思いの外、熱心にじっくりと作品を鑑賞されているのが印象的です。
このあと、夜は8時まで、明日、日曜日も開場していますので、ぜひご来場ください。
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-12-20 16:48 | 仕事

風景写真のレッドカーペット 2008

昨日から、六本木の富士フイルムフォトサロン東京で、年末恒例の「美しい風景写真100人展」が始まっています。昨日はオープニングパーティーがあり、全国から出展者の皆さんが集い、会場はちょっとしたお祭りムードでした。

e0041948_10574630.jpg


出展者の皆さんが口々におっしゃっていたのは、「100人展」の展示作品の水準が年々上がってきているということ。
それは私たちも感じていることで、毎年、「今年が一番」だと思っているのですが、特に今年は一段突き抜けた印象を受けました。
辛口でお世辞を言わないあるプロ写真家の方から「今年の展示は凄い!アマチュアの皆さんが凄く努力しているのがわかって、プロとしても刺激になる」とおっしゃっていただけたのは、作品の選考に関わる者として、素直に嬉しかったです。

初回から比べて何が違っているかと言うと、応募者数、応募点数も毎年増え続けているのですが、そのような見かけのボリューム以上に、応募者の“本気度”が年ごとに増しているように感じます。
事実、何人かの出展者の方から「第1回(2005年)に応募したときは、フォトコンテストに応募した残りの作品を送ったけど、2回目以降は、まず100人展に応募する作品を選ぶようにしている」というお話しをお聞きしました。つまり、自信作で臨まないと100人に残ることはできないし、また、とっておきの自信作を出してでも「100人展」に出展したい、と思っていただけるイベントに成長したとも言えるでしょう。

今や、風景写真の“レッドカーペット”とも言われる。
ぜひ、皆さんも、その華やかな雰囲気に触れてください。

e0041948_1058520.jpg


「2008美しい風景写真100人展」
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-12-17 11:00 | 仕事

「美しい風景写真100人展」

e0041948_162701.jpg

「美しい風景写真100人展」本日より、六本木の富士フイルムフォトサロン東京にて開催中です!
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-12-16 16:27 | 仕事

なんだっけ?

e0041948_2352444.jpg

編集部の近所にある酒屋さんに出ていた看板です。
ボージョーレヌーボー……ん?
そんな“ ♪ オ〜ソ〜レミ〜ヨ〜”みたいな名前だっけ?
ボージョレーヌーボー?
ボジョレーヌーボー?
ボージョレヌーボー……。
あれ?なんだっけ?
1000円引きより、そっちが気になる~!
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-12-04 02:35 | 仕事

凄いアイデア!

なんだかとてつもなく凄いアイデアが降りて来たような気がする!
コンセプト!ターゲット!インスピレーション!
すごい!完璧だ〜っ!!!

でも、たった一つだけ問題が……。
それは、今、目の前にある膨大な仕事を片付けるには、な〜んの役にも立たない、ということ。
う〜ん、でも結構イケてるよな、このアイデア。
って言うか、ちょっとスゴクない?
まてまて、今はそんなことを考えている場合じゃない!
あ〜、でも気になって頭から離れない〜。

と、現実逃避をしながら今日も一日が過ぎていく……。
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-11-30 17:43 | 仕事

Eさん、ありがとう

e0041948_17122918.jpg


今日は久しぶりに編集部の窓から見える夕景がきれいでした。
って言うか、普段はパソコンのモニターが見づらいので、ブラインドを閉めたきりなのと、忙しいのとで夕方の空なんて見ていません。
『風景写真』の編集に携わる者として、せめて空を眺めるくらいの気持ちのゆとりは持ちたいものです。

昨日、編集部から仲間が一人、卒業していきました。
Eさん、今までありがとう。
私たちは、みんなあなたのことが大好きです。
そして、あなたはこれからも私たちの大切な仲間だということを忘れないでいてください。

Canon EOS Kiss Digital X
TAMRON AF28-300mmF3.5-6.5XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

[PR]
by fukei-kaoru | 2008-11-29 17:23 | 仕事

モノ作りの現場より

10月31日からは、恒例の撮影会「小国写真塾2008・秋」、
翌週には新宿のアイデムフォトギャラリー「シリウス」で「風景写真Award2008」があり、
さらに年末にむけて「2008美しい風景写真100人展」の準備、
もちろん、『風景写真』1-2月号の編集も進めねばならず、
その上、写真集も2冊同時に進んでいる……
と、ただいま編集部は超過密スケジュールのまっただ中にあります。
もちろん、それらすべてを私が直接進めているわけではありませんが、
なんだかんだいって忙しいことには違いありません。
“貧乏暇なし”とは、まるで自分のことを言っているようだ、といつも思います。

「編集部」というところは、ある意味、工房、つまり生産工場です。
実際に本を印刷し、製本するのは、印刷会社であり製本所ですが、
私たちは、その中身を生産している工場という言い方もできます。
特に、編集作業がDTP化されてからは、ますますその色合いが強まりました。
もちろん、それが嫌だと言いたいわけではありません。
むしろ、何かを創ることが大好きだから、忙しくても、この仕事をやっているのです。

ただ、ビジネス的に言えば、私たちが生み出せる仕事の価値は、
私たちの生産能力にほぼ比例しています。
だって、来月から急にもう1誌、月刊誌を発行しろと言われてもできませんもの。
でも、それって普通のことですよね? 
働いた分だけ糧を得る。それが仕事というものです。

今、世界では巨大なギャンブルが破綻しかけていて、かなり大変なことになっているようです。
ギャンブラーが損をしようが破滅しようが、そんなことはどうでもいいのですが、
問題はギャンブルのつけが、なんのかかわりもない一般の人々に回されようとしていること。
身の丈に応じた仕事をしている、モノ作りの現場で働く者としては、
なんともやりきれない気分になります。
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-10-29 11:37 | 仕事

誰が読むの?

e0041948_1465733.jpg
編集が立て込んでくると、時々泊まる、
ホテルのロビーのパンフレット置場です。
なんかヘンだと思いませんか?

いや、何がって、英字のパンフレットを必要とする人が、
「英字」という漢字を読めるのかな、と思って……。
それだけなんですけどね。
どうでもいいことですね。

大丈夫か、ですって?
そうでもないです。
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-10-02 01:46 | 仕事

言いたくはないけれど……

カッコ悪いぞ!星野ジャパン!
観てるだけのお気楽な立場で、一生懸命やっている選手に、好き勝手なことを言うのは気が引けるけど……。それにしても、まるでいいとこないじゃないか!
だいたい、あんな恥ずかしい負け方続けて、泣くのが腹が立つ! それでもプロ? ソフトボールの選手や監督の方がぜんぜんオトコ前ですよ!

話は違いますが、星野ジャパンとか反町ジャパン、柳本ジャパンって呼び方に違和感を感じてるのは私だけでしょうか? 主役は選手であって、監督じゃないと思うのですが……。
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-08-23 19:02 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧