ありがとう

とても残念なニュースをお伝えしなければなりません。

ペンタックス645N IIと67N IIの生産終了が発表されました。
共に風景写真の分野ではユーザーからの信頼が厚く、特に645N IIは、フィルムによる風景写真のスタンダードと言ってもいい存在だっただけに、私としても残念でなりません。
おそらく、本誌読者の皆さんにも、さまざまな想いがあると思いますが、一つだけ言いたいのは、このことをすぐに「フィルムによる写真表現の終焉」に結びつけないでほしいということ。
カメラの生産が終わったとしても、まだ世の中には現役で稼働し、作品を生み続けているカメラが多くあるのです。
欧米ではフィルム写真の美しさ、価値が見直される機運もあるようです。

私はフィルムによる風景写真が好きです。
デジタルカメラも好きですし、デジタルならではメリットがあることも十分承知してしますが、リバーサルフィルムにはリバーサルフィルムならではの美しさがあることも確かなことです。
何より、写真家が出合い、写した瞬間が、唯一無二のフィルムという形ある“もの”に結晶するのは、デジタルには絶対になし得ない、フィルムだからこその価値だと思っています。

とにかく、風景写真を支えてくれた名機、ペンタックス645N IIと67N IIにありがとうと言いたい。
いつの日か、また還ってきてくれることを願って。
[PR]
by fukei-kaoru | 2009-03-24 11:51 | 風景写真


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧