デジタルカメラは上達が早い?

「デジタル一眼レフカメラで写真を覚えると上達が早い」という話を時折耳にします。
その理由は、デジタルなら撮ったその場で画像をチェックでき、しかも、フィルムや現像の費用がかからないので、好きなだけトライ&エラーを繰り返すことができる、というところにあるようです。

しかし、実際に写真を教えている写真作家たちは、必ずしもそのように考えてはいるわけではないようです。
ある写真作家は、指導している生徒さんの一人に「あなたはデジタルをやめて、しばらくフィルムカメラで撮りなさい」と指導したそうです。(もちろん互いの信頼関係があっての助言で、決して無理強いをしたわけではありません)
その生徒さんは、定年後デジタル一眼レフカメラで風景写真を始めたのですが、なかなか納得できる写真が撮れなかったのが、先生の教えに従って、フィルム一眼レフカメラを購入し、それで撮るようになってからは、見違えるように上達したそうです。
アナクロ的と言われるかもしれませんが、失敗がリセットできないという緊張感の中で、考え、工夫をすることが上達を早めるということは確かにあると思います。

誤解しないでいただきたいのですが、私はこのエピソードを語ることで、フィルムカメラの方がデジタルカメラより優れているということが言いたいわけではありません。
いかに便利で優れた機能であっても、使い手次第で、良い写真を撮ることにつながらない、場合によっては、上達を遅らせることがあるということなのです。

よく言われることですが、風景は動いています。刻々と変化する風景をファインダー(または肉眼)で確認しながら、その状況に応じたフレーミングを決め、シャッターを切った瞬間に作品は完成します。
じっくりと、何度もモニターで画像を確認しながら撮れる状況もあると思いますが、二度とはない“瞬間”を見極め、シャッターを切るのが、写真を撮るという行為の本質であるはずです。
結局、そこにデジタルもフィルムも違いはないと思うのですが。

*****************************************

e0041948_9285856.jpg風景写真の原点にして極み
『[上撰]前田真三集・完全版』


《大好評発売中!》
ブティックムック No.740
縦220×縦298ミリ・ソフトカバー・240ページ
価格:2980円(税込)
お問い合せ:風景写真出版(TEL:03-3815-3605)

[PR]
by fukei-kaoru | 2008-09-04 22:05 | 風景写真


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧