「風景との一期一会」とデジタル写真

隔月刊 風景写真の2006年フォトコンテストには、新たにデジタルフォト部門が加わります。それに伴い、今まで多少曖昧だったフォトレタッチについてガイドラインを風景写真9/10月号やホームページ(フォトコンテスト2006・Q&A)をに掲載したところ、読者から質問をいただきました。

そのご質問は、要約すると“自然な雰囲気に見せるための合成は認められますか?”というもの。それに対する回答はホームページのQ&Aにも記していますが、“極力1回のシャッター、一枚の画像の中で作品を完成させてください”とお答えしました。
私達は風景写真の最も大切な部分として、“出合いの瞬間”を撮ること、風景との“一期一会”の精神があると考えています。そのため“撮影時に作品を完成させる”という姿勢をできるだけ大事にしたいのです。

しかし、このような考え方が果たして皆さんに受け入れられるのか、正直なところ不安な気持ちもあります。私達としては信念をもってやっていることでも、見方を変えると“古い価値観にしがみつき、新しい技術を否定している頑固者”と映るやもしれません。
実のところ、この質問をくださった方に回答を送るとき、相手の方を怒らせて、読者を一人失うことも覚悟しました。

ところが、その方からすぐに次のようなお返事をいただきました。

「フィルムカメラの時には一枚の写真を撮るのに、本当に真剣に取り組んでいたように思います。ところが、デジタルになってから、安易にシャッターを切り、後からどうかすればいいや、というような、安易な考えに傾きかけていたような気がします。(中略)丁寧なご回答、心洗われます。初心に帰って、撮影にのぞむ大切さを教えていただきました。ありがとうございます」

私達の方こそ、心が洗われました。信念を持ってお話をすれば思いは通じるのだと教えていただいた気がします。
最近あった、ちょっとうれしい出来事でした。

e0041948_14295931.jpg写真は編集部の窓から見た風景。今日の東京は台風一過の抜けるような青空。日差しが強く真夏のような暑さです。
[PR]
by fukei-kaoru | 2005-09-08 14:38 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧