かしこみ、かしこみ〜

e0041948_18431249.jpg

突然思い立って、編集部揃って神田明神地図)にお参りに出かけることになりました。
神田明神は正しくは神田神社と言い、明神とは祀られている平将門公のことであるそうな。もともとは大黒様(大国主命)や恵比寿様を祀る神社で、東京では商売繁盛、事業繁栄を願う神社として親しまれています。

“突然思い立って”と書きましたが、何もないのにそんなことを思い立つわけはありません。
実は最近、仕事上でいくつか気持ちの良くない出来事が続いてあり、編集部一同「流れを変えたい!」ムードが高まっていたのです。
で、誰が言うでもなく「お参りに行こうか……」と。

でもそこで「どうせ出かけるなら、美味しいモノでも食べに行こう!」となるのが、『風景写真』編集部らしいところ。
まずはエビフライを食べに行こう!ということになりました。

2駅電車に揺られ、10分ほど行列に並んで、ようやくありついたエビフライは、サクッ、プリッ、プッツンという歯触りが快感!
今日はさらに、適度にレアな揚げ加減が絶妙な帆立フライ、サックリとした衣と濃厚でとろける食感のソースとのコントラストがたまらないクリームコロッケもついたセットで一同大満足です!
ボリュームも十分で、もう何も思い残すことはありません。
さぁ、帰ろう!
……じゃなくてお参りに行くんだって!
「で、どっち?」
(全員)「…………」
「誰か調べてないの?」
(全員)「…………」

e0041948_184434100.jpgと、まぁ、そんなオトボケもありましたが、心地よい春風の中を30分ほど歩いて、無事神田明神に到着。
社員揃って、こういう場に来るのは初めてですが、たまには神聖で厳かな雰囲気に身を置くのも悪くありません。
頭を垂れて、巫女さんの振る鈴の音を聞いていると、本当に身体の中の悪い気が消えていくような気になるのですから不思議です。
昔は、会社で揃って神社にお参りなんて、「かったるい」としか思えませんでしたが、だんだん、こういうものが理解できる歳になってきたようです。
(と言うと、他のみんなに失礼か?)


e0041948_18462388.jpgそんなこんなで、風景写真出版のご祈祷は滞りなく終了したにはしたのですが、想定外のことが一つ。
ご祈祷の後にいただいた御札が高さ50センチ近くもあるビッグサイズなのです。
こんな立派な御札をそこらへんに張り付けておくのは神様に申し訳ない。
というわけで、今度編集部に神棚をつくることになりました。
かしこみ、かしこみ〜。



[お知らせ]
creative:people:photo(略称:クリピー)桜フォトコンテスト開催中です!
審査:小林義明/石川 薫


*****************************************
e0041948_16283450.jpg
《好評発売中》

小林英樹写真集
『LIFE 地獄谷に生きる』
[風景写真BOOKS Artist Selection no.005]
(PDF)
縦200×横220ミリ・ソフトカバー・96ページ
価格:2310円(税込)
お問い合せ:風景写真出版(TEL:03-3815-3605)

*****************************************

e0041948_15134862.jpg
《好評発売中》

小池清通写真集
「Whispers from the Sands 大砂丘の声」
[風景写真BOOKS Artist Selection no.004]
(PDF)
縦220ミリ×横297ミリ・上製本・112ページ
定価:3,800円+税
お問い合わせ:風景写真出版(03-3815-3605)

*****************************************
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-04-21 18:47 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧