サーチビームの恐怖

どうでもいいことなのに、妙に頭に残っていることってありませんか?
5年ほど前の話、ある占いのようなものに凝っていた親友が、その何とか術というので、私の性格判断をしてくれたことがありました。

「お客さんがお土産をもって訪れたら、君は『そんな気は使わなくていいのに……』と思うでしょ。いやいや、僕にはわかってるって。だって、そう出てるし」

えらいピンポイントな性格判断やな〜というツッコミはちょっとおいといて、妙に頭に残ってしまったのは、その後に続く言葉でした。

「でもね、世の中にはお客さんが玄関から入ってくると同時に、持ち物をチェックするタイプの人もいるんですよ」

つまり、お土産を持ってきているかチェックを入れるというわけです。友人が言うには、仕事で訪問する相手が、事前にどっちのタイプがわかっていれば、お土産を用意すべきかどうか迷わなくて便利だと言うのですが、そんな日々の暮らしの豆知識的な占いって……。

それはともかく、その話を聞いてからというもの、お土産を持って仕事の関係先などを訪問したときに、人の目が気になって仕方ありません!
しかし、いまだかつてお土産をチェックする視線など感じたことはないのです。
そりゃそうです。いくらなんでも、そんなわかりやすく欲望ビームを発する人が、そうそういるわけがありませんよね。

それがいたんですよ!
先日、ある仕事先にお土産の袋を持って入ったときのことです。
入口付近の女性と挨拶を交わすほんの刹那、レーザービームのように鋭く、かつ探るような気配を手元に感じたのです。
彼女は軽く会釈するような素振りで、目線を私の手元に落とすのをうまくカムフラージュしたつもりだったと思います。
しかし、私は見逃しませんでした。
当然です、私は5年も前から探し求めていたのですから。「お土産をチェックするタイプの人」を!
コンマ数秒という一瞬でしたが、確かに彼女の視線のサーチビームは私の手元のお土産袋をスキャンしたのです。

ついに見つけた!
そう思うと私はうれしくなって、つい口走ってしまいました。
「見たでしょ……」
驚いて私の顔を見た一瞬後、彼女は泣き崩れました。
「すみません!見てしまいました〜」
正しくは笑い崩れたのですが、まぁ些細な違いです。

ちなみに「お土産をチェックするタイプの人」を見つけた現場は、東京都文京区本郷にある風景写真出版という会社です。
これがホントの“東大”もと暗し、ってなわけでございまして。
お粗末。


追記:一応、彼女の名誉のために付け加えると、私の持ち帰ったお土産が、偶然にも彼女がつい最近食べてもの凄く美味しかったお菓子と同じもので、ついブランド名の入った紙袋に反応してしまったのだそうです。


*****************************************

《4月4日発売》
e0041948_15134862.jpg

小池清通写真集
「Whispers from the Sands 大砂丘の声」
[風景写真BOOKS Artist Selection no.004]

縦220ミリ×横297ミリ・上製本・112ページ
定価:3,800円+税
お問い合わせ:風景写真出版(03-3815-3605)




[PR]
by fukei-kaoru | 2008-03-28 23:54 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧