映画狂時代

最近は忙しくてほとんど映画を見ていませんが、若い頃、うらぶれていて映画ばかり見ていた時期がありました。ブレードランナーもそんな頃に出合った映画で、マイ・ベスト・ムービーの五指には必ず入る作品です。
最近出たDVD「ファイナルカット」も買ってしまいました。

私が初めてこの映画を見たのは、大阪の梅田グランドというカビ臭く、イスに座るとスプリングがお尻にあたるような劇場(当時の話です)でした。
確か初公開された当時、興行的にはそれほどヒットしていなかったのではないでしょうか。私以外に観客は2、3人で、一人はイビキをかいて寝ていたのを今でも覚えています。
正直なところ、当時は、あまりも斬新な世界観についていけず、よく理解できなかったのですが、その映像世界に打ちのめされるような衝撃を受けたことは確かです。

SF映画は確かに好きで、スター・ウォーズ、スター・トレック、バック・トゥ・ザ・フューチャーあたりのシリーズものには軒並みはまりました。
ただ、SF専門というわけでもなく、初めてお小遣いをはたいて映画を見に行ったのはブルース・リーのカンフー映画。次にロッキーと、まず格闘技系の映画にはまり、中学の頃には007シリーズ(ロジャー・ムーア主演の頃)に熱狂していました。
社会人になってからヒチコックも結構みてましたね。
基本的にはあまり疲れない映画が好きです。

ブレードランナーはその独特の世界観に注目が集まりますが、個人的にはラブシーンが秀逸だと思っていて、もし「映画史に残るラブシーン」を選ぶとすれば、私はこの映画のハリソン・フォードとショーン・ヤングのそれを推したい。
結構、萌えます。
ん?“萌え”の使い方が違うだろうか?
ま、何に萌えるかは人それぞれですから、良しとしましょう。
[PR]
by fukei-kaoru | 2008-01-07 23:58 | プライベート


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧