風景写真の見方は自由なのか?

会社としては28日で仕事納めとなりましたが、まだ私の仕事は片付いていません。今日、29日に出社することは想定していましたが、どうやら晦日も出社することになりそうです。

さて、28日に友人と呑んでいたということは、既に書きました。そのとき、お店のご主人に、ある不思議な日本酒をすすめられました。
見た目はいわゆるにごり酒で、口に含むと微かにヨーグルトのような風味の程よい酸味があり、マイルドな舌触りで滑らかにのどに落ちていきます。
ご主人は、その味をよく覚えておいて、次は舌の上で7、8秒とどめてみてくださいと言いました。
言われた通りにしてみると、どうでしょう! 口の上で微かにお酒が発泡し、心地よく舌を刺激しながら風味がさらに広がるのです。それはもう、美味しいという言葉を超えた、口の中の快感です。
実はそのお酒は、瓶の中で酵母が生きている本物の生酒であるとのこと。
低温で保存しているので酵母は活動を止めていますが、口の中の温度で、再び酵母が働きはじめ、発泡するのだそうです。
ご主人から説明を受けないと、とても口当たりの良いお酒として、普通にクイクイ呑んでいて、このお酒の本当の実力を知ることはなかったはずです。

写真を鑑賞する、という行為もそれと似ているような気がします。
このお酒のように、実は写真も真の感動を味わうには、鑑賞する側にも知識や感性、あるいは作法が求められるのだと思うのです。
もちろんそれは、絞りがいくつだとか、露出がどうだといった表面的な技法を云々することではありません。作者が目の前の風景に何を感じ、作品に何を込めようとしているのか、その“心”を読むことです。

「写真をどのように見ようとそれは鑑賞者の自由である』と言う人もいます。しかし、本当にそうでしょうか。
なんとなく耳障りの良い意見ですが、「写真の見方が自由」というのは、かなり誤解をまねく言い方だと思います。
確かに写真は、鑑賞者のイマジネーションに委ねる部分が多い表現ではあると思いますが、かと言って、作者がそこで何かを伝えようとしている以上、「どのように受け止めようが見る側の自由」というのは言い過ぎです。
しかし、現実には、かなり多くの写真愛好家が、“自由”という言葉の心地よさに流され、“写真を読む”ということをしていないように思えます。

少し話は変わりますが、前に書いた「模倣の行く末」が、小林義明さんのサイトのBBSで取り上げられていて、私が好き勝手に書いていることが、多少なりとも問題提議になったのかな、と喜んでいます。

その中で、小林さんがこんなことを書かれています。
「人の写真の良さを分かる人は、その写真を撮る素質があると思います」
私はこの一文を、「人の写真の心を読むことができる人は、その人と同じ発見の眼差しと感動する心を持っている」という意味だと、勝手に解釈しました。

場所とタイミングで狙う風景と違って、主観的な風景写真は絵面だけをまねようとしても、かなり難しいと思います。
それは、はじめに固定化されたイメージありきではなく、発見した場面、出合ったシーンに応じて表現を創っているからです。
しかし、人の写真に写された意図を読み取り、その心に共感ができる人ならば、たまたま同じようなシーンに遭遇したとき、敏感に心をふるわせ、作品をものにすることができるはずです。
そのような作品は、結果的に絵柄が似ていても模倣とは言いません。
なぜならそれは異なる出合いであり、異なる発見によるものだからです。
[PR]
by fukei-kaoru | 2007-12-30 05:03 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧