風景写真家って言うな〜!?

私は風景写真はおろか、写真ともまったく無縁の生活からこの世界に入ってきました。
簡単に言えば、就職したのが、たまたま『風景写真』を作っていた会社で、配属先が編集部だったということです。(ホントはちょっと違いますが……)
正直に言うと、編集部に入ることが決まり、はじめて風景写真を“風景写真”として見たとき「こんなの、いったい何が面白いの?」と思いました。
誤解しないでいただきたいのですが、「つまらない」とか「くだらない」と思ったわけではありません。
世の中に風景写真という世界を熱心に求める人が数多くいて、その人達が「面白い」と感じているものを、自分が理解できていないということに直面して、驚いたのです。

以来、私は「風景写真の何が面白いのか」ということを考え続けました。実は、今でもそれを考え続けていて、最近になって、ようやく少しはわかりかけてきたかな、と思っています。
「そんなの撮ってりゃすぐにわかるだろ」というツッコミが入りそうですが、風景を撮るのが面白いことくらい、私もわかっています。
私が言いたいのは、風景写真家同士が「いいね、いいね」とわかる魅力ではなく、広く世間一般の人に「素晴らしい」と言ってもらえる風景写真の魅力って何だろう、ということなのです。
つまり、鑑賞する作品としての魅力を含む風景写真の面白さと言えるでしょう。
実は、その当時、写真がまったくわからなかった私にも「すごい」「素晴らしい」と感動できた数人の写真家の作品があり、「面白くない」のではなく、私が「知らない」「理解できていない」だけだという確信はありました。
はじめに「こんなの、いったい何が面白いの?」と思った私の感覚は、今でも私が読者像を考える上でのベースになっています。

私が思う風景写真の魅力については、本誌やこのブログから推測していただくとして、ここで言いたいのは、実は皆さんが撮っているような“風景写真”の歴史は意外に浅く、世間一般にはまだまだその魅力を理解されていないということです。
しかし、私は風景写真は、俳句や短歌のように、日本人の伝統的な価値観に根ざした芸術として、もっと大きな広がりを持てる分野だとも確信しています。
(というと、新しいものを否定していると誤解する人もいるかもしれませんが、あくまでもベースの部分の広がりにおいて、という意味です)
また、そうなってほしいと『風景写真』はがんばっているつもりです。

余談になりますが、風景を撮っているのに「風景写真作家」と呼ばれることを拒む写真作家がいます。もちろん作家としての主張があることは理解できますし、ジャンル分けされたくないという気持ちもあるでしょう。
しかし、今はまだ風景写真という大きな発展途上の分野を根付かせようと頑張っているところです。
少なくとも『風景写真』に登場するときにおいては、風景写真作家、あるいはせめて○○・風景写真作家(○○は自然、動物、植物……など何でも)と呼ばせてほしいものです。
[PR]
by fukei-kaoru | 2007-12-16 10:18 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧