師匠が無茶を言う理由

「考えるのではない……感じるのだ」(Don’t think… feel…)
というマスター・ヨーダのお言葉を前回紹介しました。
実はこれ、「燃えよドラゴン」の中でブルース・リーが言った有名な台詞でもあるそうです。
最近、たまたま見た「獣拳戦隊ゲキレンジャー」でも使われていました。

「撮るときは、何も考えていない」
風景写真作家たちからよくこんな言葉を聞くことがあります。
彼らは撮影するときに、「ここは○○だから、構図はこうで……」とか、「ここでの狙いは○○だから露出は……」と考えてはいないというのです。
では、デタラメに撮っているのか、というとそんなわけはありません。
彼らの作品には、狙いがあり、その狙いを表現するための構成がきちんと取られているのです。

では、どうして写真作家たちは「何も考えていない」などと言うのでしょう。
その理由は、おそらく右脳と左脳の働き方にあるのではないか、と私は推測しています。
つまり、「構図をこうして、露出をああして」と言語的、左脳的に考えているのではなく、右脳で映像的に思考しているのではないかと。

私はどちらかと言えば、左脳的思考の人間で、残念ながら写真作家になるほどの才能を持ち合わせていません。
「そんな奴が『風景写真』の編集長をやっていていいのか!」とお叱りを受けるかもしれませが、私の仕事は写真作家ではなく編集者です。
写真作家たちの右脳的、直感的な思考を、言語としてわかりやすく“翻訳”するのが自分の使命だと思っているのです。

「考えるのではない……感じるのだ」
風景写真の技法も、はじめは言葉や文字として学び、身に付けていくしかありません。
しかし、最終的な目標は、無意識にフレーミングをまとめられる境地にあるのだと思います。

最後にマスター・ヨーダの名言をもう一つ。

「『やる』か、『やらぬ』かだけじゃ。『やってみる』というのはない」
(Try not. Do or do not. There is no try.)

右脳野郎のキレた師匠なら、これくらいの無茶は言って当たり前です。

e0041948_103937100.jpg
《好評発売中》




林 幸恵写真集「夢色の世界」
縦200ミリ×横225ミリ 96ページ
税込価格:2,500円
お問い合わせ:風景写真出版(03-3815-3605)


※明日は林 幸恵さんの写真展の初日で、大阪に行ってきま〜す。
[PR]
by fukei-kaoru | 2007-11-29 23:00 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧