一目ぼれにはご用心

自転車購入の後日歎。
その後も自転車通勤は続いているのですが、自転車の調子が今ひとつ…。
あれから二度の入院(自転車の話です)を繰り返すも、
状況は変わらず、結論は「部品が安物だから」ということになりました。
………。

安くは買いましたが、元は結構いい値段の自転車です。
なのに“安物”って言われましても…。
その部品は、“使いづらい”のであって、“使えない”わけではないので、
メーカーの保証では直せません。
わたしにすれば限りなく“使えない”に近いのですが、
結局、有償で“安物の部品”を交換することになりました。
なんだか割り切れない話ですよね。

自転車通勤そのものは楽しめているのですが、
この自転車を買ってしまったことは、ちょっと後悔しています。
そう言えば、昔から一目ぼれして良いことなんてなかったっけ。

************

話は変わって、数日前『風景写真』フォトコンテストに入賞したある作品について、
「立入禁止の場所で撮影されたもの」だというご指摘を電話でいただきました。
調べてみたところ…とはいっても2、3分ですぐに判明したのですが、
その作品は、その方が“立入禁止”と指摘されている場所とは違う場所で撮られたもので、つまり、まったくの勘違い。
ところが、電話の主は名前を告げないまま、一方的に電話を切ってしまわれたので、そのことをお知らせすることができません。

読者からフォトコンテストの入賞作品に関するご質問、ご指摘をいただく場合、なぜか多くの方が名前や連絡先を明かしてくださいません。
また、匿名でのご指摘には今回のような勘違いや、説明をすればご理解をいただけるものが多く含まれています。
さらにまた多くの場合、「誌面できちんと解答してください」とも言われるのですが、勘違いや、視点のずれたご指摘に誌面を割いてお答えすることはできません。

一番、困るのは、匿名の通報者が、誤解をされたまま、
「あの作品は、立入禁止の場所で撮ったものだ」
「『風景写真』に知らせたのに、なんの対応もしない」
などと吹聴されることです。

この場を借りて申し上げますが、フォトコンテスト入賞作品について、
入選取消を含むなんらかのペナルティーにつながるようなご指摘については、
基本的に匿名では対応することができません。
その旨は、どうかご理解ください。


************

1-2月号からスタートした「風景写真“鑑賞力”共通テスト」が大好評。
予想を超える数の解答をいただき、採点結果の集計するのに苦労しています。
残念ながら全問正解はおられませんが、難しい問題の割には、皆さんの成績はなかなかのものでした。
成績発表は、もう少しお待ちください。
[PR]
by fukei-kaoru | 2007-02-27 21:06 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧