「2006美しい風景写真100人展」開幕詳報

既報の通り、12月19日(火)より、東京・銀座の富士フォトサロン東京で、「2006美しい風景写真100人展」が開幕しました。今回は、その初日の様子をレポートしましょう。
……と言いたいところですが、この日私は、ど〜しても外せない用事があり、会場に入ったのは夕方の4時。実は初日の会場の様子はほとんど体験していないのです。
しかし、わずかな時間でも熱気は十分に感じることができたと思います。

e0041948_2372984.jpg「100人展」の初日には、出展者の皆さんを中心に盛大なオープニングパーティーが開かれます。そのため、初日には多くの出展者(100人中およそ80人)が会場に駆けつけてくださいました。
というわけで、この日の会場は著名なプロ写真家と、アマチュアの実力者が入り乱れ、何とも賑やかで豪華な雰囲気となります。

出展者の皆さんには、会場に入ると、自分の作品の画像とお名前が記された名札をつけていただきます。そのため、初対面でも名札を見れば、「あの作品の作者の…」とすぐに打ち解け合えて、会場のあちこちで、作品を讃えあったり、解説しあったりという様子が見られました。写真家にとっては、やはり作品こそが何より雄弁に語る、ということですね。

ちなみに、出展者の中には、毎日にように会場を訪れ、その名札をつけて作品の解説をしてくださっている方もおられます。

そして、夕方からはお楽しみのオープニングパーティー。出展者の皆さんに加えて、写真雑誌、業界誌の方々、そして主催者である富士フイルムと、風景写真出版の関係者、総勢約120名の盛大なパーティーとなりました。


e0041948_2382150.jpg



◎オープニングパーティーであいさつをする富士フイルムの古森重隆社長

e0041948_238051.jpg




◎オープニングパーティー会場の様子

パーティー終了後も、知り合った写真仲間と、銀座の町に消えていく人達も多く、おそらくはかなり楽しい夜を過ごされた方も多かったようです。
かく言う私も……。

まだ、この「100人展」をご覧になっていない皆さんは、ぜひこの会場の雰囲気を体感していただきたいと思います。

なお、100人展開催期間中は豪華なゲストの皆さんが、作品の解説や、写真についての質問に応えてくださいます。
来場スケジュールは下記の通りです。

12月23日(土):米 美知子さん(前田真三賞初の女性受賞者)
12月24日(日):森 光伸さん(前田真三賞受賞者・月のある風景のスペシャリスト)
12月25日(月):前川彰一さん(写団薬師代表・指導実績豊富な風景写真指導者)
        米 美知子さん
12月26日(火):川隅 功さん(前田真三賞受賞者・樹をテーマとした風景写真の名手)
        前川彰一さん、米 美知子さん


時間帯は、おおむね午後1時頃〜6時頃までの予定です。会場で、お買い求めいただいた『風景写真』や付録の作品集にサインなどもしていただけるようです。
声をかけづらいという方は、受付のスタッフに気軽にお申し付けください。

e0041948_23562840.jpgなお、今回会場で販売している『風景写真』ステッカーは、「100人展」会場だけの特別バージョン。写真ではちょっと分かりにくいのですが、メタリックな質感のシルバー仕上げで、三脚などに貼っていただくと、よく似合うと思います。今後、プレゼントなどでご提供することはあるかもしれませんが、販売するのは「100人展」の会場だけです。(巡回展での販売は、今のところ未定です)

お見せするほどのものではございませんが、私も時折会場に顔を出しております。皆さんのご来場をお待ちしております!
[PR]
by fukei-kaoru | 2006-12-23 01:00 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧