上杉満生さん逝く

既に一部新聞などにも記事が載っているようですが、風景写真家の上杉満生さんが12月25日午前3時頃、逝去されました。

上杉さんは第1回の前田真三賞受賞者として本誌に作品が掲載されると、たちまち人気風景写真家となり、以来、読者の注目を集め続けてきました。
その作風は、奇をてらわず、自然風景を落ち着きのある構図でとらえた、まさに正統派の風景写真と言えるものです。
特に、大胆かつ繊細な光の選択と、露出やフィルムの発色を見極める鋭敏な感覚によって描き出された色彩美は秀逸で、一目で鑑賞者を魅了する力を持っていました。
かと言って、鑑賞者の視線を鷲掴みに手繰り寄せるような強引さはなく、むしろ自然に心に馴染んで、いつまでも眺めいたくなるような、そんな味わいをして良しとするのが上杉流であったと思います。

近年は日本風景写真協会の創設に尽力され、初代会長として卓越したリーダーシップを発揮して1400名を超える組織を育て、まとめてこられたことは、多くの風景写真愛好家の知るところでしょう。

昨年、まだお元気な頃の上杉さんは、既に協会の会長を勇退される時期を視野に入れ、その後に創作活動に専念することを楽しみにされていました。
病に倒れる前まで、写真作家として充実した時期にあっただけに、その願いがかなえられぬまま逝ってしまわれたことが残念でなりません。
しかしながら、上杉さんが遺した作品は、いつまでも私たちの心に刻まれ、そして日本風景写真協会会長として蒔いた種は、やがて大きな実を結ぶことでしょう。

故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by fukei-kaoru | 2009-12-26 14:17 | 仕事


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧