地球温暖化なんてウソ?

二酸化炭素などのいわゆる温室効果ガスが、地球の気温を少しずつ上昇させているという地球温暖化の問題は、もはや一般常識と言ってもいいくらい、私たちに刷り込まれています。
ところが、この説には異論もあるようで、「地球の気温はほとんど変化していない」「むしろ冷えている」という説から、中には「二酸化炭素は気温の上昇には無関係」という説まであるそうです。せっせとゴミを分別したり、冷暖房の温度を調節して省エネルギーに務めている私たちにすれば、「えっー、なにそれ!」って感じですね。
でも、国際的には「地球の温暖化は決定的に明確であり、人類の活動が直接的に関与している」(IPCC:気候変動に関する政府間パネル)という考え方が主流で、決して、温暖化防止の日々の努力が無駄というわけではありませんので、御安心を・・・・・・って、なんかヘンか?

学術的なことはよくわかりませんが、アマチュアの皆さんも含めて自然を相手に写真を撮る風景写真家にしてみたら、「温暖化が進んでいないなんて、なに言ってるんだ!」という人も多いのではないでしょうか。
編集部でも、例年、雪景色が撮れたポイントに雪がないとか、湖が結氷しなくなった、など、気候変動の影響と思われる話を見聞きすることは珍しくありません。
今日も、ある写真家が、こんな話をしてくれました。
「以前はニュートラルな発色のフィルムでも日本の紅葉は透明感のある美しい発色をしてくれたのに、それがだんだんベルビアじゃないと描けなくなってきて、最近ではベルビアでも物足りなくなってきている」
これは、フィルムの発色の話ではなく、紅葉の色彩に以前に比べてだんだんニゴリを感じるようになってきているという話です。

もちろん、これが温暖化の影響とは言い切れません。
ただ、もしも、人の行いによる環境の変化のせいで、本当に美しい風景を見ていないのだとしたら悔しいし、私の子供たちが風景の美しさが理解できる年頃になったときに、どうなっているのかを想像すると、かなり不安にはなります。
[PR]
by fukei-kaoru | 2009-09-24 22:03 | 風景写真


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧