ライブビュー機能を使って思ったこと(ちょこっと修正)

e0041948_9282286.jpg【好評発売中!】
[隔月刊]風景写真2009年7-8月号

2009年6月20日(土)発売
定価:1,980円(税込)
雑誌コード:07893-07


[特集1]米 美知子+EOS 5D MarkII
     「光と水が織りなす情景」
[特集2]やっぱりペンタックス645/67でないとだめなんだ!
     作品と証言で解く名機の理由
     丹地敏明/辰野 清/今森光彦/野呂希一
     竹内敏信/鈴木一雄

[技法特集]風景写真のキレと奥行き感を極める!
[新連載]傑作風景の撮影地・詳細マップ付ガイド

[特別付録]米 美知子オリジナルプリント

【ご注文・お問い合わせ】
(株)風景写真出版
TEL 03-3815-3605
FAX 03-5689-8187
dokusha@fukei-shashin.co.jp
www.fukei-shashin.co.jp

*******************************************************************
前回のShiro's Boot Campには、実は個人的にある“ミッション”を持って参加していました。
それというのは、最新のライブビュー機能を体験すること。
デジタル一眼レフカメラはよく使っているのですが、実は本格的にライブビュー機能を使って撮ったことがなかったのです。
そこで、Canon EOS 5D MarkⅡを用意し、ライブビュー依存度が高いという萩原史郎隊長のキャンプに志願したというわけです。

e0041948_1740665.jpg








史郎隊長撮影による“ブートキャンプ”中のひとコマ。
上から目線でビシバシしごかれている雰囲気が伝わってきませんか?



実際にライブビューを使ってみた印象は、思っていた以上に「簡単」で「便利」でした。
しかし、ただの快適装備ではありません。
クルマに例えると、よく回るエンジンを積み、足回りを固めたスポーツカーが、ドライバーをその気にさせるように、ライブビューという機能も良い意味で撮影者を煽ってくるのです。

この感覚は、特に風景撮影の場合に顕著かもしれません。
例えば、見えの良い視野率100パーセントの液晶モニターに映し出される風景を見たら、いやが上にも「もっとフレーミングを追い込みたい」という意識が盛り上がってきます。
しかも、リアルタイムで表示されていますから、光や風に対する意識も強まります。
さらに、画面を拡大して見ると、「自分のこれまでのピント合わせは正しかったのか?」とさえ思うほど、精密にピントを合わせることができます。
つまり、シャッターを切るまでに、目視で追い込める画(え)のレベルがハンパなく高いから「できることはやっておこう」という気にさせられるのです。
もともと“撮影時に画像を確認できる”ことはデジタルカメラの大きなメリットでしたが、それがシャッターを切る前と後とでは大違い。
ライブビューを使って撮ると、一枚の画を追い込んでレリーズするまでの気合いの乗り方がすごく良いのです。

大きな画面を見ながらフレーミングを決め、任意のポイントを拡大してピントをしっかりチェックしながら撮る……その一連の動作と心構えは、風景写真の原点とも言える大判カメラの作法にも似ています。
風景を撮る人ならおそらくわかっていただけると思うのですが、風景を前にして、画作りを追い込んでいくときの集中した感じは、決して悪い気分ではなく、むしろ、風景写真を撮る快感と言えるでしょう。
ライブビューの助けによって、あっという間に高度な集中モードに入れるのは、予想していなかった面白さでした。

ライブビューを使っていて、不満ではないのですが、ひとつ頻繁に思ったことがあります。
それは、カメラの操作を部分的にタッチパネル液晶に集約させたら、どんなに楽だろうということ。
指で画面を触れるだけでピント位置を決めたり、被写界深度が設定できるとか、iPod touchみたいに指先で任意の場所を拡大できたら便利だろうなぁ。その分、ボタン類を減らせれば、液晶モニターのサイズもさらに大きくできるかもしれないし。
コンパクトカメラでは、タッチパネル液晶を搭載した機種も出始めているので、一眼レフに搭載される日も近いかもしれませんね。
[PR]
by fukei-kaoru | 2009-06-22 17:58 | 風景写真


『風景写真』11-12月号発売中です


by fukei-kaoru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おすすめリンク

以前の記事

2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
more...

検索

フォロー中のブログ

風景写真出版からのおしらせ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧